妊娠線を予防するならクリーム美容|キレイなお腹を守りたい

笑顔の妊婦

妊娠中のお腹には注意

妊婦

クリームやオイルを塗る

妊娠線というのは、胎児と胎盤の成長に伴って大きくなる皮膚の表面に起こる症状のことを言います。お腹の皮膚に現れる細く赤い筋は一度できると薄くはなりますが消えないと言われています。そのため、妊娠線ができてしまう前に予防することが必要です。妊娠線の予防用製品はクリームやオイルが主流です。マタニティーケアとベビー用の製品を作っているブランドをみると妊娠線予防製品を見つけることができます。また、産院でも妊娠線予防クリームを販売しているところもあります。妊娠線は主にお腹にできるものですが、太ももや胸にも現れることがあります。大きくなったお腹や胸の下にできると気づきにくいため、見つける前、つまり妊娠初期から対策を始めた方がよいと言えます。

とにかく保湿

妊娠線予防の基本は保湿して肌の表面を柔らかく保つことです。乾燥してしまうと肌の滑らかさが失われて割れやすくなります。それと同様に、亀裂のような妊娠線ができやすくなってしまうのです。ですから、高い保湿力をもつクリームやオイルを使うのです。まず、クリームはこまめに利用できます。普段から携帯して、1日に何度か塗る使い方ができます。一方、オイルはお風呂上がりや洗面台の前で使うようにするのが良いでしょう。用いるクリームやオイルは専用のものである必要はありません。保湿が十分にできるものを選ぶだけでよいのです。お気に入りのアロマのクリームがあればリラックス効果が期待できます。何より、無理なくケアを続けたくなるような製品を選ぶことが大切でしょう。